医療を経営するならコンサルティングに学べ

男性

売れた記録を付ける仕組み

レジ

応用範囲が広いシステム

POSは販売が行われた時点の記録を付ける仕組みというのが基本です。商品やサービスに対して一対一対応になるようにタグ付けを行い、その販売が行われた時点で入力を行うとその時刻に販売が成立したという記録が残されます。典型的には商品に対して付けられているバーコードをタグとして利用し、会計を行うレジに取り付けられているバーコードリーダーを使ってバーコードを読むことにより販売が成立したと記録するようになっています。POSはこのような商品と販売の管理を行うのが基本となっているシステムであり、応用範囲が広いことから様々な形で活用されるようになってきました。タグ付けされた商品の管理を行う仕組みだという考え方を持つと、POSは販売の成立以外についても同時に管理していくことができるとわかるでしょう。ロットごとに別のタグを付けることによってロット管理を行うこともできます。顧客にも別のタグを付けることで商品と顧客の紐付けをして、顧客管理と連動させることもできるでしょう。入庫や出庫の記録と合わせることで在庫管理にも応用可能です。販売した商品の配達も行っている場合には、配達の手配や配達記録の作成なども連動させたシステムにすることもできます。POSは基本は販売を中心にした記録を付けるシステムですが、それに関わる部分ではいくらでも拡張できる可能性を秘めているのが特徴です。その点に着目して様々な応用システムが登場しています。